星塚研究所

数学を主とした形式科学,自然科学,大学・大学院に関する2chと5chのまとめサイト

地球人より高度に進化した宇宙生命体について01

1: オーバーテクナナシー 投稿日:2008/03/31(月) 08:15:27 ID:9SlVIAQk
宇宙人は実在するという前提からこのスレはスタートする。
どんなやつか。
どんな能力をもっているのか。
どんな文明を築いているのか。
どんなテクノロジーをもっているのか。
宇宙における彼らの役割はなにかあるのか。
人類よりどこがどうすぐれているのか。
やつらと人類がご対面したときどうなるのか。

いろいろ語ってみてよ。
5: オーバーテクナナシー 投稿日:2008/04/01(火) 04:06:59 id:Q6XHK1WD
人間を地球牧場で飼っている主様がいるかも。
ネズミに人間がなにやってるかほとんど理解できないように、人間からも主様がなにやってるか理解できない。
でも食われたり実験材料にされてる。
6: ハインフェッツ 投稿日:2008/04/01(火) 10:30:24 ID:2Gr1JHDP
するてえと、エボラもエイズも人類のご主人様が難病克服のために、あたしらを天竺ネズミにしてるってわけですかい?

8: オーバーテクナナシー 投稿日:2008/04/01(火) 20:54:04 id:mvEyncUE
地球人と同じ姿で人間に混じって普通に生活している。
惑星体が老化でつかえなくなったら、また別の体に乗り換えて生き続ける。

宇宙人同士のネットワークもある。
実はめちゃくちゃ頭が良く、長寿なので歴史にも精通していて、経済界に深く根をおろして、背後から政治にも干渉し世界をコントロールしている。
でも地球人も彼らがいないと困る。猿がそんなポストについたらあっという間に世界戦争や経済破綻をひきおこして文明はアボーン。

だから一応、彼らは地球の守護者なのだ。
10: オーバーテクナナシー 投稿日:2008/04/02(水) 14:13:39 ID:7nZbW++a
>>8
ムーとか宇宙人ネタの本だと地球で人とまざって暮らしてるのが多いわな
魂だけ宇宙人という
12: オーバーテクナナシー 投稿日:2008/04/03(木) 19:52:54 id:l4TsK47A
空間を超越する技術をもった宇宙人はいない。
いるならとっくに地球に来てるはずだ。
14: オーバーテクナナシー 投稿日:2008/04/03(木) 20:24:54 id:H13vQeos
>>12
宇宙は広すぎるから、ワープとか出来ても全ての範囲を捜索するのはかなりの手間だろう
人間は地球上のほとんどどこにだって行けるだろうが、あらゆる場所に行ったことのある人などいない
それと同じ
16: オーバーテクナナシー 投稿日:2008/04/04(金) 14:23:54 id:FMj/vHDK
不老不死になった種族は生きることに飽きないのかな。
何万年、何億年もずっと生き続けるわけだろ。
その間、文明も進歩するのだろうがワープなどの空間超越技術は発明されないかもしれないじゃん。
永久機関のように宇宙の物理法則上不可能で、何億年かけてもそれを打ち破る発明はされないとか。

それに不老不死なら争う理由が大幅に減るから文明はあまり進まない可能性もある。
惑星にとじこめられてずっと生きてるのかな。
それとも何万年もかけながら宇宙旅行してるのかな。

不老不死だと人口もあまり変化しないだろ。事故死ぐらいか。
ありとあらゆる文学を読み尽くし、ありとあらゆる学問を修め、娯楽もやり尽くしてもうネタぎれ。
一千万年くらいあれば余裕でできちゃうんじゃね?w
不老不死なら****も無い。
すげー退屈してる連中じゃないか。
17: ハインフェッツ 投稿日:2008/04/04(金) 20:36:24 id:EHW8b5/Q
>>16
そこで神様ごっこですよ!

19: オーバーテクナナシー 投稿日:2008/04/05(土) 07:38:55 id:Z5U5XcmD
神様ごっこにも考えることにもあきて石のように暮らしている。
石は不老不死の宇宙種族なんだよ。そこにもかしこにもいる。
23: オーバーテクナナシー 投稿日:2008/04/05(土) 18:10:35 id:GycAXuE7
(´-`).。oO(とりあえず耳の先っちょはとんがっててほしい)

24: ハインフェッツ 投稿日:2008/04/05(土) 23:49:20 id:uLyHe1Go
頭の先っちょがとんがってるコメディーは、あれは何と言ったっけな…?

29: オーバーテクナナシー 投稿日:2008/04/06(日) 23:00:11 ID:SZ/0pfl1
SFの主題の中で、地球外生命体が、人類を生命と認識しなかった話がある。
そもそも生命とは何か、そっから議論しないと、宇宙生命体など語れないな
33: オーバーテクナナシー 投稿日:2008/04/09(水) 11:38:47 id:KJquzKKh
そもそも「生命体」などというもの自体、人間が作り出した概念。
実態の無い思念の塊かもしれないし、宇宙自体が何かの生物の一部かもしれない。
宇宙を一つの生命体と考えるのなら地球は一つの細胞。
人間はその細胞のなかに無数に存在する物質の一つに過ぎないのかもしれない。

まあ細胞一つ潰れたところで大した問題じゃないんだから、下らないこと考えてないで早く**。
34: オーバーテクナナシー 投稿日:2008/04/09(水) 13:01:34 id:cGpV5daU
>>33が末期癌を宣告されたのはそれから約一年後のことだった。
彼はおいおい泣きくずれた。

「宇宙を一つの生命体と考えるのなら地球は一つの細胞。
人間はその細胞のなかに無数に存在する物質の一つに過ぎないのかもしれない。
まあ細胞一つ潰れたところで大した問題じゃないんだから」

友人は彼になぐさめるようにそういった。
35: オーバーテクナナシー 投稿日:2008/04/09(水) 20:39:13 ID:jx+mQePV
ええ話や。

42: オーバーテクナナシー 投稿日:2008/04/12(土) 14:31:02 id:OMhEy4zw
ガミラス星

43: オーバーテクナナシー 投稿日:2008/04/12(土) 14:41:45 id:uOymmhk9
ガミラス星人は今の人類とまったく同じメンタリティだから、こんなのとコンタクトが起きたら戦争にもなりかねないのと、そのときは人間相手に戦うのと変わりないよな。

ガミラス同様、地球にも寿命が来たとき、それまで人類がのこっていて、そのときガミラス程度の文化水準なら、いったいおまえらはそれまでなにをやってたんだといわないと。
百年前からほとんど進歩しないアフリカの原住民と大差なかったことになる。
46: ハインフェッツ 投稿日:2008/04/13(日) 09:52:53 id:xd4FFLin
>>43
大きい恒星はエネルギー放出量が大きい分早く老化するんで、知的生命体が発生して文明ができる頃には、「やべぇ、太陽爆発する!」ってな状況になっているという説もある。
硫酸溶岩で浸食されて穴ぼこだらけになった地下も今の金星とか考えれば、別に「年老いた惑星」とも思えないし…

…まあ、ヤマトの時期に「他所の恒星系にスペースコロニーを置く」という着想が無かったのは仕方が無い。

だけど小官、個人的には猛スピードで自転しているというバラン星が楕円形じゃない事の方が気になる。
47: オーバーテクナナシー 投稿日:2008/04/13(日) 11:44:25 id:ZgkCgLyq
人類には二つの未来が想定できる。

(1)このまま宇宙でひとりぼっちの未来。
(2)よその星あるいはテレパシーでもいいが別種の生命体とコンタクトが発生する未来。
問題は(2)のほうで、どんなやつが考えられるかだな。

ガミラスデスラーのような種族。これは人類と対等。ある意味、人間の仲間。

「トップを狙え」に出てきた敵の宇宙生命体は、宇宙的猛獣で、人類からみれば捕食者だが、これは強い動物を相手にしてるのと変わらない。
遭遇はできてもコンタクトが成立するような相手じゃない。

幼年期の終わり」に出てきた種族はちょっと変わってる。
人類が宇宙的スケールで新しい別種の生命体に生まれ変わるのを助ける産婆。
降臨すると来るべき日まできちんと管理されるが、それは必然と善意に基づいている。
それから新人類が誕生するのは旧人類終焉のとき。

宇宙産婆の種族はテクノロジーは極限まで発達してるが、人類がもっている変容の可能性を持たない。
彼らにしてみれば人類はとてもうらやましい種族。
人類は恒星をも支配する力をもつ、超人類になる可能性を内在してる種族だが、今の人類と産婆とでは力では圧倒的に産婆が上。
だが、変容を遂げると人類はもう別次元の存在になる。

ほかどんなのがいたっけ。

50: オーバーテクナナシー 投稿日:2008/04/14(月) 00:14:33 ID:2pfYO8q+
戦闘妖精雪風では「一応」コミュニケーション可能だったが。
この辺整理してみると面白そうやね。
51: オーバーテクナナシー 投稿日:2008/04/14(月) 04:49:27 ID:3RWtPpEP
>>50
Wikiとオフィシャルサイト?みただけなんでよくわからんのだけど、未知の異形の敵というだけだと、人類と対等系、もしくは宇宙猛獣系のどっちかになるんじゃね?
ジャムの人類に対する位置づけ情報が知りたいところ。

55: オーバーテクナナシー 投稿日:2008/04/14(月) 23:57:45 ID:2pfYO8q+
>>51
んー、宇宙怪獣はお互い完全な殲滅戦しか考えてないけど、ジャムは多少なりともコミュニケーションと共存の余地を持ってる分違うと思うがな。

トップは『完全に異質な者どうし、コミュニケーションは不可能だ』って前提から始まる話だが、雪風は『完全に異質な者どうしのコミュニケーションはどんなものか?』ってのが一つのテーマなんで。

ジャムの目的については正直よく分からない。
ジャムから見ても人間は今ひとつ分からないようだが。

>>52
人類に全く興味の無い連中もいるね。
ラーマ人(初代)とか。

56: オーバーテクナナシー 投稿日:2008/04/15(火) 00:40:07 id:fc3zk69e
>>55
ジャム
今のところだと次号を待てという感じかな。
コミュニケーションが成立したら、そこから関係性も決まってくるのかも。

ラーマ人
まったく興味がないのは、猛獣系というか動物系に分類してよさそうな気もする。
変な動物をみつけたが、それはすぐに逃げていったようなもの。
ペットになるような動物を除いて、ほとんどの動物は人間とは没交渉

52: オーバーテクナナシー 投稿日:2008/04/14(月) 05:07:31 ID:3RWtPpEP
ちょっとまとめてみた

人類と対等系
メンタリティが人類と大差ない種族。
ガミラスもそうだしスターウォーズスタートレックに出てくる異形の宇宙人たちもだいたいはこれ。

宇宙猛獣系
動物的な行動原理。
恐竜の時代に人類がいたら食われる側だったというのを宇宙スケールでやってるだけ。

保護者系
宇宙産婆みたいに人類を保護し、しかるべき進化コースに導く役割。

飼育者系
人類を管理・飼育して育ったものを食べて暮らしているとか、人類を実験で飼育してる種族。

一番怖そうなのは飼育者系。w
99: オーバーテクナナシー 投稿日:2008/06/30(月) 04:42:07 id:SiP6eSbK
>>52のリストにもう一つ加えることができそうなのは「神系」。
人間の精神に寄生して人類に宗教をもたらす。

57: オーバーテクナナシー 投稿日:2008/04/15(火) 00:47:01 id:fc3zk69e
マトリックスの造物主は飼育者系。
食べてはいないけど、まぁ食べてるようなもの。
そのエネルギーで機械帝国を広げていくわけだけど、ほとんどの人間には飼われていることすら分からないから非常にたちがわるい。
飼われているほうが快適だったりもするけど。w

58: オーバーテクナナシー 投稿日:2008/04/15(火) 02:41:51 ID:2ef/oULH
どの様な形態でも、「~サピエンス」で有る事は間違いないと思う。
ならば脳の働きを活発にするためには恒温動物の可能性が高いと思う。

しかし世の中には植物とお話が出来ると言い張る人も居るからねえ(笑)
59: オーバーテクナナシー 投稿日:2008/04/15(火) 18:29:41 id:zHVabBn/
ただの宇宙植物ならこのスレ的にはすれ違いだろうけど、電波で話しかけてくる宇宙樹木とか。w
ラジオをつけると宇宙樹木や宇宙サボテンの話し声がきこえる。w

とはいっても木が話す石も話すとかいうのはちょっと無理があるな。
害虫に襲われたとき、においをだして他の仲間の植物に教える植物があると、最近の研究報告であったけど、そういう植物的ランゲージはあるかもしれないが、人間と同じような言語や思考活動が必要とは思えないので。

人間が木や石になるならそれは、全身麻痺で意識だけ正常というような悲惨な状態。
もはや考えることをやめたくなるはず。

66: オーバーテクナナシー 投稿日:2008/04/17(木) 18:28:02 id:EBGCiJ0d
MIBみたいに地球人にまじってくらしているのが一番ありそう

68: オーバーテクナナシー 投稿日:2008/04/18(金) 09:09:47 ID:R/L/wRLM
人類を遥かに越えた存在とは、時空連続体にきまってます。
神すら超える領域だろ
70: オーバーテクナナシー 投稿日:2008/04/18(金) 21:34:47 id:rfQ9pLLh
人間がもつ不完全性をみて、そこから完全な人間(アダムカドモン)のモデルが推測できるから、より高度に進化した生命体とは、より完全な人間像に到達した存在といえるかもしれない。
となるとグルジェフに行きつくわけだが。

人間とはまったく別枠の存在もありうるが、そういうのって人間と接点が無いわけよ。
石を指してこれが高次生命体ですといわれても、「はぁ?」となるように、かけはなれたものになる。

75: オーバーテクナナシー 投稿日:2008/04/23(水) 13:59:36 id:j0At+ORu
>>70
宇宙空間のプラズマの雲を指して、「これが高次元生命体です」というパターンもありかと・・・
78: オーバーテクナナシー 投稿日:2008/04/24(木) 00:45:37 ID:+LabbGOF
>>75
有りじゃないの。
映画の「禁断の惑星」ではそんな怪物が出てきた。
あれは異星人が残した機械を経由して、人間が作りだしたものだったが。

71: オーバーテクナナシー 投稿日:2008/04/20(日) 11:46:35 id:KpFtb08L
人類より高度に進化した生物は、ゴ○ブリみたいなやつかもしれない。
ある種の知能は人間より劣るが、繁殖力と適応力が非常に高い。
また、図体もコンパクトなので機敏で必要最低限のエネルギーで駆動出来る。
72: オーバーテクナナシー 投稿日:2008/04/20(日) 15:50:32 id:WnZrof0r
繁殖力や適応力で進化を計ると雑草とか細菌のほうが上になるし、ネズミだって人類より上ってことになりそう。

ペットの犬猫は人間にエサを貢がせているから、人間より進化してるとも。
73: オーバーテクナナシー 投稿日:2008/04/23(水) 06:50:13 id:uCkGbRnj
そういや猫は飼い主のことを家来や下僕のように見ているらしいね。
猫の価値観では人間は猫より下。
84: オーバーテクナナシー 投稿日:2008/04/24(木) 07:44:54 id:PoG7VBka
>>73
それはしつけがなってない飼い主の猫。
86: オーバーテクナナシー 投稿日:2008/04/24(木) 07:58:45 ID:ax/a00iX
>>84
しつけ次第ということなら猫と人間の進化レベルはほとんど同じかもね
ぼんやりしてると猫に給仕係として躾けられてしまうw
74: オーバーテクナナシー 投稿日:2008/04/23(水) 13:33:00 id:QeFGHJsr
その割にはうちのヌコはゴロゴロ言いながら擦り寄ってくるわけだが
あいつら俺を利用してたのか。
79: オーバーテクナナシー 投稿日:2008/04/24(木) 00:51:14 ID:+LabbGOF
>>74
可愛さや萌えを武器に獲物をゲットする進化戦略w
ヌコは自分が可愛く思われてることを自覚してるような・・・

82: オーバーテクナナシー 投稿日:2008/04/24(木) 03:39:33 id:v2DUlUJr
地球外の生命体は、もっと身近にあるはず
つまり、宇宙の生命体=人智の及ばない世界に確かに存在している
それは、死んだじいちゃんやばあちゃんが住んでいる世界
そう極楽浄土だ

極楽浄土に科学的にアプローチできるようになり、科学分野として確立された時、始めて人類は極楽浄土こそが究極の宇宙生命体と知るのだ。。。なーーーんちってぇぇぇ
85: オーバーテクナナシー 投稿日:2008/04/24(木) 07:54:10 ID:ax/a00iX
>>82
いわゆる霊界と呼ばれてるいる世界が実在してそこに行き来できるようになったとしても、情報しか持ち帰れない点が要注意な。

その世界のじいちゃんやばあちゃんの髪の毛一本持ち帰ることができない。
霊界の食い物とこの世の食い物は同じ形をしているかもしれないが、霊界農場でつくられた食べ物をこの世に輸出もできないし逆もまた同じ。
見ることはできてもさわれない。
いや霊界に意識だけで行ってさわることはできても、物質体でさわることができないし、霊界からこの世の物質をさわることもできない。
まるで映画の中のような世界だな。鏡の中の世界とも。
100: オーバーテクナナシー 投稿日:2008/08/17(日) 18:50:55 id:MaVHrxLE
>>85
霊界の本を読んで来いよ
87: オーバーテクナナシー 投稿日:2008/04/24(木) 08:12:02 ID:ax/a00iX
>>82
補足

極楽浄土が宇宙生命体と知るというのは、惑星ソラリスという映画がそれに近いかもね。
ソラリスのそばで暮らしていると死んだはずの嫁さんが蘇ってきたりする。
ソラリスの海は人の思念を読み取って亡き人を再生する。
再生された人は生前のその人と同じように振る舞う。
ただし再生された人を地球に連れ帰ろうとしても不可能で途中で消えてしまう。
はたしてそれは本人なのか、そもそも本人とはなにかというような問題提起をする。
知性をもったソラリスの海というのが、極楽浄土知性体というかね。

原作はだいぶ違う話みたいなんだが、俺は読んでないんだわ。

97: オーバーテクナナシー 投稿日:2008/06/22(日) 12:17:06 id:Rth8QsHZ
太陽系外惑星が次々みつかってるが、まったく未知の物質でできた惑星は聞いた事がない。
よその星も人類が知っている諸元素で構成されているらしい。

生命の肉体はその太陽系の物質で構成されているのだから、宇宙人・宇宙生命体がいてもその惑星体は地球のそれと大差ないかもな。
おそらく思考ロジックや精神も。
98: オーバーテクナナシー 投稿日:2008/06/28(土) 01:28:51 id:Mvf/829s
>>97
え~
それじゃつまんな~い


参考文献

http://science6.2ch.net/test/read.cgi/future/1206918927/