星塚研究所

数学を主とした形式科学,自然科学,大学・大学院に関する2chと5chのまとめサイト

地球人より高度に進化した宇宙生命体について02

101: オーバーテクナナシー 投稿日:2008/08/17(日) 23:04:06 id:Vil1ig3X
高度に進化したのは石だよ。あれは実は生命体で石同士で会話している。
しかも何十億年という寿命の長さ。
102: オーバーテクナナシー 投稿日:2008/08/18(月) 03:38:37 ID:+f5MbmxT
他の惑星の環境は大体我々の想像を凌駕しているので、チ的生命体の形態も、想像力を凌駕している可能性が高い。
時間感覚が桁外れに違う、身体の大きさ、構成要素も現在判明している物質以外である可能性が高い。
要するに想像もできない存在。向こうから見たら、人間も想像外の生物。
生物という概念があるかすら怪しい。ようするに何でもあり。
103: オーバーテクナナシー 投稿日:2008/08/18(月) 12:49:28 id:gG63Hoqg
人類より高度に進化した宇宙生命体はどんなやつか?
ずばりこれだよ!

創造者たちからのメッセージ

104: オーバーテクナナシー 投稿日:2008/08/18(月) 14:02:29 id:wC7ze0Yi
>>103
高度に進化すると地球にやってきて宗教ひろめるw
105: オーバーテクナナシー 投稿日:2008/08/18(月) 14:06:36 id:wC7ze0Yi
大勢に知られたい、人気を博したい、という欲求は人間に多々あるが、ラエルにも同様にあるみたいね。あんまかわんねーのかも。
106: オーバーテクナナシー 投稿日:2008/08/19(火) 07:54:54 ID:8/j1RRNx
医療が進化しても人口爆発や逆手にとって細菌兵器ができたりするだろ。
進化しても悩みはつきないし、今の人類よりはるかに悩みは深い。

馬は草食ってれば生きていけるし、蝉は樹木の汁吸ってれば生きていける。
食料確保の悩みはあまり無い。

高度に進化してれば進化してるほど、深くて深刻な悩みに押しつぶされそうになって生きている。
テクロノロジーは高度であるほど強力であるほど、もろ刃の剣で、取り扱いに大きな責任がのしかかる。
どんなにテクノロジーがあっても解決できない問題がかならず発生するように宇宙はできている。
だから進化した種族ほど、高度な宗教を持っている。w

107: オーバーテクナナシー 投稿日:2008/08/25(月) 00:47:18 id:FCeuMNAM
地球みたいなが、人間・動物・植物・細菌を、全て包括した1つの生命体が存在してもいいと思う。
宇宙の中を、自分の意志で泳ぎまわって、他の星の生命エネルギーを自己の体内に取り込んで成長して行く。
寿命は、約5000億年(人間年齢換算で100歳)。

108: オーバーテクナナシー 投稿日:2008/08/25(月) 20:21:04 id:NfiJFAKi
だけどいざそんな生命に遭遇しても、「人間は自分の意志で~」とか言って惑星破壊ミサイル打ち込むようなやつらが現れそう。
109: オーバーテクナナシー 投稿日:2008/08/27(水) 11:47:19 ID:8p2qogzt
思ったんだけど宇宙人って宇宙人とかの写真(真偽不明)ってめっちゃ年重ねてそうな感じしてるよね。
ワープ技術とかそんなん使わないで寿命を延ばして銀河間移動してるんじゃねーの
110: オーバーテクナナシー 投稿日:2008/08/27(水) 12:30:07 id:YSimI5aV
ワープなしで力業で移動してる可能性のほうが高そやね

ワープはSFというお話の都合上用意されている設定みたいなもん
112: オーバーテクナナシー 投稿日:2008/09/03(水) 20:58:01 id:vtPkbvCD
精神だけが進化していて、外見は今の人類とかわらない。
というのが一番脅威なんだが、それが現実
113: オーバーテクナナシー 投稿日:2008/09/12(金) 15:10:11 ID:4ag+XdXS
>>112
そんな連中が攻めてきたら、人類は戦わずして無条件降伏。
人類には、自分たちより高次元の知性体に絶対服従する習性があるもんね。
119: オーバーテクナナシー 投稿日:2009/02/09(月) 20:48:47 id:KiiE9ok2
>>113
精神が進化していてもやっぱり他の星を侵略しようとかするんかな?
121: オーバーテクナナシー 投稿日:2009/02/10(火) 03:13:47 id:g74DiK47
>>119
心が進化していないと進化途中で自滅している可能性が高くなるが、相手を羽ムシ程度にしか認識できない場合は、相手はムシして住み着いたりするかも。
122: オーバーテクナナシー 投稿日:2009/02/10(火) 08:46:23 ID:oE+F1buV
>>121
「精神が進化している」というのはどういうことなんだろう。
例えば、我々は、羽ムシ程度のものにも慈愛を感じる精神の持ち主のほうが、より高尚な人間だと思うよね。
動物の扱いについても、昔より現代のほうがいろいろ配慮するようになった、
これは「進歩」だと一般的には考えられている。

精神が(知能が、ではなく)進化するというのは、このように、より高尚になることとは違うの?
123: オーバーテクナナシー 投稿日:2009/02/10(火) 21:52:45 id:g74DiK47
どう進化するかは、何をもって進化というかは多くの可能性があるので、大雑把な考えでいってるだけ。
確かに>>122の様な進化をすれば>>121は成り立たないだろう。
117: オーバーテクナナシー 投稿日:2008/09/20(土) 18:01:32 id:BrFhEUIZ
930 名前:名無しSUN :2008/09/20(土) 17:08:33 ID:Q2w1xiNe
初めて,地球に最も近い「宇宙人」(彼らを宇宙人と呼べるのか疑念もあるが,地球表面で生まれていない個体は,宇宙人とすべきである。)の例の本拠地?みたいな場所に向かうとき,某国使節団の顔ぶれは,宇宙飛行士(軍人)数名に加え,50代の軍関係の幹部級男性武官や,緊張の余り顔が真っ青になっている美少女(職業不詳)政権の中枢の者数名,名だたる物理学者,言語学者,などで構成された。

相手の科学力は桁違い。
怒らせないよう,使節団はまるで,古代の中国皇帝にひれ伏しに来た小国の派遣団のようにおそるおそる前に進み出た。
931 名前:名無しSUN :2008/09/20(土) 17:21:33 ID:aEzEfJf3
「宇宙人」達は、地球人の使節団の度肝を抜いて驚かせようと考えていた。
まず、相手の考えていることや、潜在的な(他人に知らせていないような)個人の欲望などを、瞬時に読みとれる(嘘をついても完全に無駄)ということを示した。

武官の顔は青くなったり赤くなったりした。
これではまるで、使節団は、要人の前に引っ張り出された学生たちと変わらなかった。

どうやって他者の思考内容を読みとるのか、脳波を読むのか、使節団は一人一人、考えていることを皆の前で暴露されていく。

あわてて弁明を試みる者もいたが、「宇宙人」は笑っていた。
会見は「平和裡に」終わった。地球人はもはや臣下であった。
120: オーバーテクナナシー 投稿日:2009/02/09(月) 20:56:55 ID:ToRbhy9F
生命体ではなく知的存在だが、その名前はQ、時空連続体
それは自然の摂理より更に高次な存在である。

128: オーバーテクナナシー 投稿日:2009/02/11(水) 00:25:17 ID:z/n3qUqs
>>1
非常に高い霊性を持ち、好戦的な地球人類と交流する事はない。
130: オーバーテクナナシー 投稿日:2009/02/11(水) 04:11:18 ID:fVLUlacv
光速を超えた位置から関係を持つなら、物理法則を超えた何かで結ばれ、関係を持つしかないよな。
それが霊性という奴じゃないの?
132: オーバーテクナナシー 投稿日:2009/02/11(水) 09:02:46 ID:77J/sBsu
>>130
タキオンじゃダメなの?

137: オーバーテクナナシー 投稿日:2009/02/12(木) 14:50:34 ID:aq7wCSvc
他の宇宙に脱出したり宇宙の破滅を防いだりする人類や宇宙人の話はSFでは定番だかな。
現実ではまず無理そうだが。
138: オーバーテクナナシー 投稿日:2009/02/12(木) 23:15:30 ID:ignXKPzK
しかし千億の銀河に数百億年の歳月があるんだ。
既にどっかの宇宙人がやってても不思議はないと思うが。
140: オーバーテクナナシー 投稿日:2009/02/16(月) 03:37:45 ID:zFiZIV9S
そもそも、生命という概念が定義されてない件。

文明よりも生命力だと思う。宇宙で生きられ、何万年とその形態を維持できる。
あるいは変化し続けるが、連続性が保たれる。

人の生命の本質はどこにあると思う?
細胞?個人?それとも大きな枠での人類?

細胞が死んでも、人は生きていける。人が死んでも人類は生きていける。
人類が滅んでも哺乳類は生きていける。

考えようによっては、人類という存在、あるいは哺乳類という存在自体が大きな生命体という考え方もできるわけだ。

呼吸と細胞を常備していることに限定すれば、究極的に進化すればたぶん人間と変わらない感じのができると思う。
手があって目があって、高度な意思伝達手段を持つ。みたいな。
そしてストレス(淘汰圧)が消え進化が止まる。
からだの大きさぐらいじゃね変わるのは。
142: オーバーテクナナシー 投稿日:2009/02/19(木) 02:38:00 ID:lmQ6dO5w
一つの考え方。
近年、太陽系以外にも惑星系が発見され、惑星は珍しい存在ではない事がわかった。
また、固体の岩盤を持つ地球型惑星も発見され、珍しい存在ではない事がわかった。
今後も様々な発見があるだろう。
宇宙は広い。
「生物」が地球だけに存在するものと考えるのは無理があるだろう。

しかし、同時期にお互いを認識できる生物が認識可能な距離に存在しうる可能性は生物の数に対して少ないだろう。
もしも、我々が海の微生物だった時代に地球を軌道上から観察した文明があった場合、我々に気づく可能性は?
実際に気づいた可能性もあるが我々は気づかないだろいし記憶にも記録にも残らないだろう。
恒星の寿命は短すぎるかもしれないし、惑星は更に短すぎる。
そしてその惑星に生物が存在しうる期間も短く、その生物が進化に費やせる時間も短い。

生物、知性と認識可能な存在が発生する/している/していた可能性はあるが、お互いに、若しくは我々が相手を認識できる期間が重なる可能性はそれより低い。
143: オーバーテクナナシー 投稿日:2009/02/19(木) 17:58:37 ID:/NlMng2c
>もしも、我々が海の微生物だった時代に地球を軌道上から観察した文明があった場合、我々に気づく可能性は?
>実際に気づいた可能性もあるが我々は気づかないだろいし記憶にも記録にも残らないだろう。
海があったらそれだけでも最重要観察対象になるだろ。
それを見逃したんだからアホとしか言いようがないな異星人w
144: オーバーテクナナシー 投稿日:2009/02/25(水) 12:17:07 ID:Gu27e4xY
>>143
それって地球人の価値観じゃね?
145: オーバーテクナナシー 投稿日:2009/02/25(水) 13:25:49 ID:dyOUd9MK
>>144
地球人の価値観だろうがなんだろうが生命を見逃したのは事実。
地球人でさえ地球以外の生化学考えてるってのに異星人がもし存在するなら、そんな可能性すら考えつかない馬鹿ってことだな。
146: オーバーテクナナシー 投稿日:2009/02/27(金) 01:09:29 ID:Dn39ggxr
>>145
微生物がいる惑星はとてもありふれていて、研究対象の候補にすら上がらないのかもしれない。
147: オーバーテクナナシー 投稿日:2009/02/28(土) 20:27:54 ID:aLfRx56Z
周辺の幾つかの惑星に微生物がいる惑星から来た生命体なら太古の地球には目もくれないだろうなぁ。
149: オーバーテクナナシー 投稿日:2009/03/01(日) 08:30:02 ID:i0UA4E+l
>>147

お前は財布に1万円入っていたら、道ばたに落ちている1万円を見て見ぬ振りをして通りすぎるのかw
俺なら拾うw
151: オーバーテクナナシー 投稿日:2009/03/01(日) 21:41:58 ID:iyamOyO4
>>149
周辺の幾つかの惑星に微生物がいる惑星から来た生命体なら太古の地球には目もくれないだろうなぁ。
っていうなら、財布に100万入っていたら道ばたに落ちてる1円を拾うのか?のほうが妥当じゃない?
152: オーバーテクナナシー 投稿日:2009/03/01(日) 22:00:30 ID:51FQOorI
>>151
お前バカだろ。
生物がそんなに簡単に発生すると思ってるのか?
むしろ財布に100万円入っているところに100キロの金塊があるようなものだ。
既知の生物なんかより、未知の生物の価値の方が遙かに高い。

なんで未知の生物がたった1円なのか説明してくれよw
地球上でさえ、未知の生物を探すために何百万円も使うやつがいるというのにw
155: オーバーテクナナシー 投稿日:2009/03/04(水) 20:35:59 ID:8ykCETi8
>>152
生物がどの程度簡単に発生するものなのか、いまだ人類は知らない。
宇宙では割と普通にあるものなのかもしれない。
156: オーバーテクナナシー 投稿日:2009/03/04(水) 21:22:59 ID:n4X7Ak01
>>155
どうしてそう思うんだ?

地球が奇跡の惑星といわれるのは生物がいるからではなく、生物が発生する環境を備えた惑星だからだ。
158: オーバーテクナナシー 投稿日:2009/03/05(木) 01:16:25 ID:YaA9TFEm
>>156
賢者モードで脳内wiki垂れ流してるようだが。
お前さんの言う(生物)ってのは地球と同じ環境で液体の水の中にのみ発生するもの限定なのか?

>地球が奇跡の惑星といわれるのは生物がいるからではなく、生物が発生する環境を備えた惑星だからだ。
この環境で発生して自己を認識してる生物が未だ他惑星由来の生物を知らないだけ。
自分達が生きているから、その環境以外では自分達が生きていけないからその環境以外では生物はいないと考えるのはキツい。

蛇足だが、現在宇宙観測で系外惑星は観測できない(つい最近二件だか撮影に成功したらしいが)
基本的に見えているのは星(恒星)だけ。
その光を分析したりしてその系に存在していそうな惑星とその組成を推測しているだけ。
>>156論は昔からあるが、そもそも太陽以外に惑星を持つ恒星が存在しないと言われていた時代、証明された時代がいつなのか調べてみると面白い。
現在観測されている範囲とそこで発見されている岩石型の地盤を持つ惑星、水を持つらしい惑星の数も合わせて。
159: オーバーテクナナシー 投稿日:2009/03/05(木) 07:15:53 ID:xvZLvj53
>>158
さすがオカルトマニアw
わからない事は全部自分の都合のいいように考えてしまえる幸せ脳の持ち主だなw

>宇宙では割と普通にあるものなのかもしれない。
その根拠はなんだよ。ただの思いこみだろ。
その根拠を聞かれて逆切れしているんじゃあまさに「賢者モード」だろw

>お前さんの言う(生物)ってのは地球と同じ環境で液体の水の中にのみ発生するもの限定なのか?
はい?人類が知る生物が他にあるのか?あるなら教えてくれ。

妄想全開で宇宙は生物であふれているというのは勝手だが、メルヘンで科学を語られてもねえwwww
160: オーバーテクナナシー 投稿日:2009/03/05(木) 14:48:19 ID:oRCirIcw
>>159
オカルトって、まじめに研究をしている科学者もいるのに、オカルトで一蹴ですか。
165: オーバーテクナナシー 投稿日:2009/03/06(金) 13:40:56 ID:AZS1/Unp
生命は偶然には発生しない/するという議論があるけど、偶然できるなら、もっとね、生命までには達しないけど、奇妙な物体ができてもいいような気がするんだよね。
原始生命もかなり複雑な仕組みをもってて、ゼロから人工的に作るなんて不可能じゃん。
もっと単純な仕組みの機械のようなものなら偶然できてもおかしくない、かもしれない。

石や金属でできた鎖のような物体が地表でのたくってる。
カマボコ板に車輪のついたような物体が地表ではしりまわってる。
円盤に針がついていて、ぐるぐるまわってるとか。
光を点滅させながら、かってにころがっていく石とか。

それは存在していて動いているだけ。補食もしないければ出産もしない。
生命なのかどうかよくわかんないやつ。
そんなのが地表にあふれている惑星。
169: オーバーテクナナシー 投稿日:2009/03/06(金) 23:01:50 ID:5e+BNqUQ
>>165
捕食(エネルギー補給)なしにのたうち回るのは難しいと思う。
170: オーバーテクナナシー 投稿日:2009/03/06(金) 23:25:37 ID:R+D39506
>>169
生き物みたいに他の生き物を食べることはないってことじゃね
太陽エネルギーや強電磁場がある惑星で、それをエネルギーにしてうごくとか
174: オーバーテクナナシー 投稿日:2009/03/07(土) 19:54:40 ID:xgKpMB5I
>>165
ウィルスやファージがそれに近い存在だと思う
175: オーバーテクナナシー 投稿日:2009/03/07(土) 21:04:17 ID:AzSylIpm
>>174
もっとでかいのキボンヌ
179: オーバーテクナナシー 投稿日:2009/03/07(土) 22:56:02 ID:8tpJMASB
>>165の想像力って結構すごいと思う。
181: オーバーテクナナシー 投稿日:2009/03/11(水) 18:45:06 ID:xmYB8ZqV
微生物ならひょっとすると偶然にできそうと根拠なく信じられるのに、>>165のような機械が偶然できるとは到底信じられない。
偶然できるならできてもおかしくないのに。
ナノマシンの車とか原子レベルで作られた機械がすでにあるけど、それも偶然にはできそうにない
182: オーバーテクナナシー 投稿日:2009/03/11(水) 20:44:01 ID:wHDaz385
>>181
そりゃそうだろ。
マシンはマシンを作るまったく別のマシンが必要。
同時にマシンとマシンを作るマシンができないとマシンができない。
183: オーバーテクナナシー 投稿日:2009/03/12(木) 04:46:34 ID:V0ezENST
>>182
原始の海で偶然アミノ酸ができてそれがかき混ぜられるうちに、偶然うまいぐあいにくっついて(組み立てられて)生命が生まれましたという話を信じるなら、生命だってマシーンのようなものさ。物質が組み立てられてできあがってる。

生命のように驚異的なものが偶然できるくらいなら、生命以下の単純な、なんらかの機械が偶然できてもいいわけだよ。
母なる自然がマシーンを作るマシーンじゃね?
148: オーバーテクナナシー 投稿日:2009/02/28(土) 21:43:25 ID:4giPtAzw
大昔、宇宙人が地球にやってきて、社会生活を営んでいる高度な生物に対して慎重に質問を重ねた。
我々は外から来たが、何か助けになることは無いか。たとえば我々は宇宙進出について技術供与ができる。生息圏を大きく広げることに興味はあるか、などなど。

しかし答えを聞くと、宇宙人はあまりにも浅薄な己の提案を恥じつつ、宇宙へと帰って行ったそうだ。


「餌は十分にある」
蟻たちの答えはいつもどおり、シンプルだった。
150: オーバーテクナナシー 投稿日:2009/03/01(日) 08:30:56 ID:i0UA4E+l
>>148
30年前のショートSFですかw
114: オーバーテクナナシー 投稿日:2008/09/13(土) 15:38:08 ID:5mXYgVY/
今より楽な暮らしとか宇宙の謎を知りたいという欲求から,人類以上の宇宙人は居て欲しいって思いがある反面、居たら居たで,それから先人類が宇宙の表舞台に立てなくなりそうだから人類以上の宇宙人は居て欲しくない

という思いが板ばさみの状態なんだよな
115: オーバーテクナナシー 投稿日:2008/09/14(日) 15:56:00 ID:SBH1BalG
表舞台に立てなくなりそうだから居て欲しくない、って何かいかにも小物っぽい発想でいやだなぁ…
自分より優れた者がいるからこそ自分ももっと上を目指そうと努力する物なんじゃないのか?


参考文献

http://science6.2ch.net/test/read.cgi/future/1206918927/