星塚研究所

数学を主とした形式科学,自然科学,大学・大学院に関する2chと5chのまとめサイト

地球の最終目的は何なのだろうか?人間は何のためにいるのか?

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/03/31(金) 19:28:56.77 id:b1zZw+L50
人間も含めて地球の体の一部だとしたら人間って何のためにいるのかな?
人間は明らかに地球環境を破壊している地球にとっては有害な存在のはずだ。
もし穏便に済ませたかったのなら人なんか作り出さなければ良いのにとか思わないか?
それともやはり人間には地球が達成して欲しい何かが託されているからその存在が許されているんだろうか?
それが何なのかを知れば何かすごい事が見えてくるのかもしれない・・

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/03/31(金) 19:31:33.08 id:b1zZw+L50
地球は人間の科学力で自分の生命を強化したいんだろうか?
それが人類の存在意義なんだろうか?

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/03/31(金) 19:30:52.42 id:d9hd+5Yj0
地球は**願望をもってるんじゃね?

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/03/31(金) 19:35:20.27 id:b1zZw+L50
>>4
自ら**したい生命なんて人間だけじゃねえ?それはないと思うんだよな。
一つ考えられるのは、人間自体が地球という老人を蝕むがん細胞だということ・・
ジェームズラブロックによれば地球はかなりの老体らしい・・・
人類の存在自体が地球の老化のシンボルなんだろうか?けど、俺は人間がただそのためだけにいる存在だとは思えないんだよな・・

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/03/31(金) 19:37:35.31 id:b1zZw+L50
人には確かに環境を大きく破壊する力もあるが、科学の力で
改善可能だ。だとしたら人間は実は単なる破壊者ではないということじゃないかな?

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/03/31(金) 19:38:14.53 id:QVo1IpSU0
惑星ソラリス化だろ

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/03/31(金) 19:39:56.12 id:b1zZw+L50
人がこのまま科学技術を発展させていけばバイオテクノロジーで丈夫な植物や
大量の食料を生み出すことが出来る。
俺はそこが地球の人間に対する狙いなんじゃないかと思っている。

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/03/31(金) 19:42:15.83 id:A6h9yifd0
あえて乗ってマジレスすると種子なんじゃね?
地球を脱出できる生命は人間くらい。
人間が他の星に移住し地球が作ってきた環境を部分的にしろ移植し、
結果ガイアは繁殖する、とかどうよ?

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/03/31(金) 19:46:19.60 id:b1zZw+L50
>>13
お前頭良いな。
そうか、人間はつまるところ地球の胞子みたいな存在なわけか。
人が仮に他の惑星(例えば火星)に移住する場合、人は地球の環境を
その星にも持っていかなきゃいけないわけだからな・・これは自分の遺伝子を
他の星に植えつけるという行為と捕らえても良いかもしれん・・・
とすると、やはり人が地球から与えられた使命は宇宙技術の進歩って言う事か・・
地球の思惑が分かってきた・・

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/03/31(金) 19:52:02.20 id:b1zZw+L50
ということは地球は自分のうちにある環境を他の惑星にコピーし、
同一化させたいということだ。そのために生まれてきたのが人間ということか・・
これは新しい発見だな・・

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/03/31(金) 19:52:43.17 id:GvdX8PC60
今までの歴史を書き換えるために存在してたりして人間は。
そしてまた一から、要は神様の玩具^^

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/03/31(金) 19:57:48.01 id:b1zZw+L50
>>19
つまり具体的にどゆこと?kwsk

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/03/31(金) 19:56:33.21 id:A6h9yifd0
こういう話し嫌いじゃないけど地球が「意思」をもってるとかはいただけないな。
で、早々に納得したみたいだが終了でいいのか?

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/03/31(金) 20:07:20.87 id:b1zZw+L50
>>22
どうして地球が意思を持っていないと思うの?
結局人間の存在は地球が用意したプログラムの上に成り立っているの過ぎないんじゃないか?
人間個人個人で見れば自分の意思で物事を決定しているように見えるが、
『集団として』地球に及ぼしてきた影響を考えれば地球が人類を様々な方法を使って導いているともいえるんじゃないか?

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/03/31(金) 19:57:34.79 id:oWo3ZQqO0
ウィルス
地球を食いつぶし、そして宇宙の資源も食いつぶす。
自分らの不都合がなければ、いくらでも消費して、浪費する生き物かな(現状の位置的には

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/03/31(金) 20:11:06.59 id:c4YpoOHN0
>>24
俺も小学生のとき人間ってウイルスみたいだな~
人間の祖先はウイルスなんじゃないか?
とか思ってた


その後、マトリックス見てビビッた

61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/03/31(金) 20:49:37.80 id:AkMPLoM00
>>24
俺もそれ考えた。
そして人間の中にいるウイルスには感染している部分が地球で他の臓器がその他の天体。
人間のいる地球も火星もその他の惑星も何かの臓器でそれが延々と続く。

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/03/31(金) 19:58:54.94 id:d3ia80H80
地球は宇宙の一部

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/03/31(金) 20:12:55.00 id:b1zZw+L50
>>26
俺は宇宙に何らかのエネルギーが満ちているんじゃないかと考えている。
それが惑星や恒星の自転や公転、地球の進化に関係しているような気がする。

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/03/31(金) 20:04:07.30 id:YBogkvKR0
地球は誰かに言って欲しかったんじゃないかな、

   「 地 球 は 青 か っ た 」 

って。

暗い宇宙を46億年独りぼっちで待ってたんじゃないかな

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/03/31(金) 20:07:05.82 id:A6h9yifd0
>>30
そういうのも嫌いじゃない

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/03/31(金) 20:27:29.40 id:YBogkvKR0
地球に意思が有るんなら、きっと寂しがりやだと思う。

寂しがりやじゃなかったら、重力なんかで僕らを縛り付けはしないだろうから。

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/03/31(金) 20:30:06.51 id:c4YpoOHN0
>>43
この世の存在寂しがりやだらけだな

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/03/31(金) 20:11:08.51 ID:3Q6iT2Ze0
「緑溢れる青い地球が、地球の理想的な状態」
それこそ人間の勝手な見方だろ
もし核戦争後の荒れ果てた地球が、地球の理想的な状態なら
人間は破壊者ではない

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/03/31(金) 20:20:18.10 id:b1zZw+L50
>>34
確かに一理ある。それが地球の理想ならその通りに進む事も可能だな。
けど、人類の存在意義が地球環境の完全な破壊なら環境保護に尽力したり、
愛や正義の感情なんか不必要じゃないか?
最初から人間にそんな感情を与えなければよかったじゃないか?という疑問も湧いてこないか?

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/03/31(金) 20:11:59.18 id:A6h9yifd0
環境が人類に与えた影響は確かに大きいがな。
大筋として環境によって人類の歴史が方向付けられたって面も確かにあるだろう。
しかしな~そこに意思を見るのは気持ちはわかるがどうも受け入れがたい。
カオス的な変遷ととらえる方が理性的だろ?
つかそもそもこの場合の意思の定義ってなによ?

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/03/31(金) 20:13:29.77 id:GnvG3IPWO
地球環境が破壊されることも自然の一部かもな

46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/03/31(金) 20:30:26.12 id:b1zZw+L50
>>41
全ての存在に意味はある・・・・と思わないか?
人間の科学力が極限まで発達すれば滅亡は免れるんじゃないかなあ・・

48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/03/31(金) 20:36:34.72 id:b1zZw+L50
地球が生命体であるということを証明?する一つの証拠を提示する。
地球の酸素濃度は『何か』の力によって一定に保たれているそうだ。それがなんなのかは分からない。
けれど、その酸素の濃度の割合が数%でも増減したら地球上の生命は間違いなく大打撃を被るだろう。
地球が生命を必要としていないんならさっさと大気の濃度をバランスよく保つ事を止めたら良い話なんだよな・・
なのに未だに保っている。ということは、やはり地球はまだ生命を体内に活かしておきたいと思っているんじゃないか?
そう考えてしまうな・・・

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/03/31(金) 20:39:09.87 id:c4YpoOHN0
>>48
(´д`)ェェエエ工

55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/03/31(金) 20:44:29.01 id:b1zZw+L50
>>50
まあまあそういわずに・・・・

57: 名無し三等兵 2006/03/31(金) 20:47:05.19 ID:gk/i9RFq0
良くある論旨だが、

「環境破壊」で議論される「環境」とは
「人間が快適に生息出来る環境」の事だ。
人類自らが行った環境の変化に
人類自身がついていけないから
問題になっているだけの事。

地球は誕生した時から、その表面の環境は
変わり続けてきた。
人類が出来る事には限度が有るし、
より激しい変化を地球は経験している。
よって、地球が意思を持っていたとしても
人類による行為はさして痛痒を感じないだろう。


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/03/31(金) 20:48:31.12 ID:3q5jMnD50
>>57
まさにそれがガイア理論じゃなかったっけ
人間の影響なんか微小だし、人間が何か変えようとしてもそれを元に戻すように地球は出来ている

63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/03/31(金) 20:52:19.40 id:b1zZw+L50
>>57
けど人類はもう核っていうのを持ってるジャマイカ
それで地球を何回も破壊する事が出来るんだよ?人間が地球に出来る破壊は無制限といって良いだろう。
だったらその逆もまたしかり
じゃまいか?つまり、地球を破壊するんじゃなくて、完全に自分たちが住みやすいようにカスタマイズする事も可能じゃないか?

60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/03/31(金) 20:49:01.08 id:dduEuhyA0
確固たる目的なんかあるのか?
ただ偶然に地球が誕生して偶然に生物が誕生して偶然に人類が誕生して
ただ生きれる限り生きてるだけじゃないの?

65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/03/31(金) 20:52:29.15 ID:gk/i9RFq0
>>60
現代の科学ではそれが主流

生き物は一旦産まれたら、
個体として、若しくは種として、
生き続けようとする。

71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/03/31(金) 21:02:48.38 ID:3q5jMnD50
ガイア理論は宗教的で好かん
最近は流行ってないみたいだしな

72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/03/31(金) 21:06:46.19 id:b1zZw+L50
>>71
けど地球を一つの固体としてみた場合、その活動携帯は生命活動と酷似している
とかラブロックの爺さんが言ってたぞ・・
しかもこれは理論なわけだから宗教的な要素は入ってないんじゃないかな・・


参考文献

http://viper.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1143800936/